主人公はオレ

共働き夫婦の旦那兼子供の父親。人生の主人公は家族でも子供でもなく、オレやで!

こづかい2万6千円(昼食代含む)

タイトルの通り、

オレの1ヶ月のこづかいは2万6千円です。

 

そのなかには昼食代も含まれるので、実質、自由に使えるお金は

さらに少ない。

 

こづかい2万6千円・・・

世の中のサラリーマンのこづかいの平均は3万とも言われている

(ような気がする)

 

でも、世の中には2万6千円よりもこづかいが少ない人も

多くいる(はず)

 

この2万6千円という限られた予算の使い道を今回は書いてみました。

 

こづかいの使い道

 

1.昼食代

会社の食堂で食べる昼食代。セルフサービスで自由に好きなものを

取るスタイルだが、一食あたり420円までに抑えている。

 

420円×20日=8400円/月

 

2.コメダ珈琲

週に一度の至福のときコメダ珈琲でのモーニングタイム。

いつも頼むのはコーヒーのレギュラーサイズ。

値段は450円。

11時までは、無料でハーフサイズのトーストと小倉あん等が付いてくる。

450円でコーヒーが飲め、モーニングが食べれる。2時間ほど、仕事も家族のことも忘れ音楽を聴きながら

スマホをいじっている。

 

これが冴えないサラリーマンの至福の時間だ。

 

450円×月4回=1800円/月

 

3.プロテイン

体型維持の為、ランニングをしている。

ランニング後の疲労回復を目的にプロテインを摂取しています。

プロテインの値段は一袋4500円。これで2ヶ月ほどもつので

 

1ヶ月:2250円

 

4.コンタクト代

3ヶ月で6500円ぐらい。

1ヶ月換算で約2200円ぐらい。

 

5.散髪代

2ヶ月に1回のペースで通っている。散髪代は4200円。

1ヶ月換算で2100円。

 

6.シャンプー代

ハゲたくないので、結構いい値段のシャンプーを使っている。

値段は7000円(普通に高いと思います)

 

2ヶ月ほどもつので、1ヶ月換算で3500円。

 

7.飲み代

2ヶ月に1回ぐらい友達と飲みに行っている。

使う金額はまちまちである。

 

以上がオレのこづかいの使い道。

だいたい、これぐらいで2万6千円のこづかいは底を尽きる。

 

服とか欲しくなったらどうするか?

その他の日用品とかはどうしているか?

 

独身時代の貯金を切り崩したりしています。

あとはボーナスの一部(ほんの一部)はこづかいにできるので、

それを切り崩しています。

 

独身時代は自由に使えたお金・・・

毎週映画館に映画を見に行っていた独身時代のオレ。

 

今はそんな金はない。

Amazonプライムで映画を見るしかない。

 

結婚して子供ができたらこうなるのか・・・

(まぁ、想像はしていたが)

 

2人目が誕生したら更にこづかい事情は厳しくなるかもしれない・・・

 

それでも人生の主人公はオレでありたい。

こづかいの少ない主人公、オレ。

 

2020.3.26

主人公はオレ