主人公はオレ

共働き夫婦の旦那兼子供の父親。人生の主人公は家族でも子供でもなく、オレやで!

里帰り出産しないという話

8月に2人目の子供が生まれる予定です。

 

まず、2人目の妊娠がわかった時に嫁と話し合ったのが、

里帰り出産をするかしないかです。

 

結果、今回の出産は里帰りせずに今住んでいる地域で

産むという答えになりました。

 

ちなみに1人目の時は里帰り出産でした。

今住んでいる地域から両家の実家まではどちらも車で

2時間程かかります。

 

簡単に手助けに来てもらえる距離でもありません。

やはり、里帰り出産をした方が楽だと思います。

 

ただ、今回、我が家が里帰り出産をしないと決めたのには、

いくつかの理由があります。

 

◾︎理由

①嫁の実家の両親が高齢のため

 

これは1人目の出産の時でした。

嫁は里帰り出産した結果、次回は実家で産みたくないと言い出しました。

 

正直、嫁が里帰りしている間、オレは自由です。

独身時代に戻ったかのような感じになれます。

(最低な男だとはわかっています)

 

それを言われたオレは焦りました。

「えっ!でも、お父さんもお母さんも帰ってきてほしい

んじゃないかな」

必死で里帰り出産の気持ちになってもらうようなだめました。

しかし、嫁いわく「全然心が休まらなかった」とのこと。

両親も高齢のため、いざというときの対応に不安を感じたそうです。

 

「なんてこった」って感じです。

 

②1人目の子供の保育園

子供を保育園に通わせているので、嫁と一緒に2〜3ヶ月も実家に帰っちゃうと

保育園に通えなくなっちゃいます。

最低でも月に1回は登園しないといけないみたいです。

これも結構な理由です。

 

③義実家で産むという案を出したが・・・

嫁の実家の両親が高齢で戦力に欠けるなら、オレの実家の

親に頼ったらどうだと案を出しました。

(うちの親は嫁の親よりまだ若い)

 

嫁もオレの実家のことは嫌いではないので、どうかなぁっと

思ったが、この里帰りがきっかけで嫌いになる可能性もあるということで却下。

 

◾︎結論

もうここで産むしかありません。

正直、オレはクズです。

自分中心で物事を考えています。

(だって主人公はオレだから)

 

嫁が里帰りしてくれたら、オレは自由になれる。

そんなことばかり考えていました。

 

でも、諦めました。

我が家はここで出産します。

(家じゃなくて病院で)

 

オレは、出産1ヶ月前からは不要不急の外出は控えます。

嫁のそばで自宅待機です。

 

出産後は、1人目の子供の面倒を見る。

家事全般をすることになります。

 

もう腹はくくりました。

2人の子供だから当たり前なんですが・・・

 

8月に生まれてくる子供よ

父ちゃんはまだ大人になりきれていないんだよ。

父ちゃんは自由が欲しいだけの馬鹿野郎なんだよ。

だって、まだ主人公はオレだと思っているから。

 

2020.3.18

主人公はオレ